>  > Castrol カストロールディーゼルエンジンオイルマグナテック ディーゼル 10W-40 CF 20L缶

Castrol CF CF 20L缶 ディーゼル カストロールディーゼルエンジンオイルマグナテック 10W-40 10W-40

行程:八多五滝手前広場(120m)13:37~八多五滝入口13:47~布引きの滝13:53~癒しの道入口14:31~中津峰山頂(773m)14:51-15:15~癒しの道・五滝分岐15:32~八多五滝入口16:07~八多五滝手前広場16:16

午後から山に行きたくなったので ブレーキパッド ディクセル ミツビシ ランサーエボリューション CZ4A 07/10~ DIXCEL RNタイプ フロント用 341225 K&N リプレイスメント 純正交換タイプ エアフィルター デボネア S22A 33-2112 K and N KアンドN REPLACEMENT【店頭受取対応商品】、近場の徳島市最高峰の中津峰山に。変化に富んだコースが好みなので ブリヂストン PLAYZ プレイズ PX-RV サマータイヤ 205/55R17 ENKEI PerformanceLine PF01 ホイールセット 4本 17 X 6.5 +48 5穴 114.3、八田五滝からを選択。地図を頼りに車を進ませる。これ以上行くとUターンできそうにないので、広場に車を停めさせてもらう。

しばらく、舗装路を行くと五滝入口の表示。

▲五滝入口

▲八多五滝の案内


しばらく歩き、御来迎の滝、布引きの滝、蔵王の滝、雄鴨の滝、雌鴨の滝を眺めながら登る。

▲御来迎の滝

一旦車道に出て、再び山道を進むと癒しの道に合流。

癒しの道を進むと、四国の道と合流し、天津神社の石積みをくぐって山頂へ。

▲山頂から阿南方面を望む

山頂では、いつものコーヒータイム。お湯を沸かしていると、ランナーがやってくる。金谷から走って上ってきたって。コーヒーとチョコを堪能し、下山開始。

▲いろんな手作りベンチがある。


▲癒しの道金谷方面と五滝への分岐 

滝を見ながら 、下山。

さすが RAYS(レイズ) HOMURA 2x9 (ホムラ ツーバイナイン) 18インチ 9.0J PCD:114.3 穴数:5 inset:45 グロッシーブラック/リムエッジDC [ホイール単品4本セット] RS-R サスペンション GS450h GWS191 3500 HB [18/3~] RSR DOWN リアのみ、

Castrol カストロールディーゼルエンジンオイルマグナテック ディーゼル 10W-40 CF 20L缶

カストロールオイル


■画像は4L缶となります。
■商品は取り寄せとなり、発送まで3~4営業日、頂きますのでご了承ください。
■20L缶は梱包なしでの配送となりますので、運送中の多少のキズ・へこみ等はご了承下さい。
■20L缶の発送は1個単位の発送となりますので、その他商品との同梱発送はいたしかねますので、ご了承ください。
•ディーゼルエンジン専用に開発されたエンジンオイルです。
•高純度インテリジェント分子は過酷な状況にさらされるディーゼルエンジンを摩耗から守ります。
•ディーゼルエンジン特有の粘度上昇を優れたススの分散性能により防ぎます。
API: SN
ILSAC: GF-5
SAE: 10W-30
ACEA: A5/B5
タイプ: 部分合成油
用途: 4輪車用ディーゼルエンジン専用

▼EngineOil交換の必要性
 ■エンジンオイルの総合的な品質規格 API/省燃費規格 ILAC GF-4

 ■API(アメリカ石油協会)規格・マーク


アメリカ石油協会(API)が定めるガソリンエンジンオイル用オイルの厳格な品質規格に合格した製品には、そのグレードを証明する2文字のアルファベットと、通称ドーナツマークと呼ばれるAPIマークの表示が許可されます。ガソリンエンジンオイル用は頭が「S」で、「SA」からはじまり、現在SMがガソリンエンジン油の最新規格です。ディーゼルエンジン用は頭が、Cではじまり、CF-4クラスが日本のディーゼルエンジン油で多く使われています。

 
  [ API SM規格の特徴 ]

■より高い「省燃費性能」とその「持続性」
■より長期に渡る「エンジン保護性能の持続性」
■環境に配慮した「リンや硫黄分の低減」

 ■ILSAC(潤滑油国際標準化及び認定委員会)規格・スターバーストマーク

「ILSAC GF-4」は、省燃費性の持続性とエンジンを保護するというエンジンオイル本来の性能が低下することのないよう、オイル消費・高温下での酸化安定性に対する要求性能において厳しい基準が課せられていることが特徴です。
 ■粘度はオイルを選ぶときの基礎の一つです
 
 ■SEA(米国自動車技術教会)粘度番号


SAE粘度とは、SAE(米国自動車技術教会)が分類したオイルの粘度表示です。例えば、「10W-50」というように表示されるマルチグレードと、「30」のように表示されるモノグレードがあります。一般的に、マルチグレードはモノグレードよりも温度に対する適応範囲が広くなります。

■SEA粘度の見方




5W

30

低温度の粘度 (低温始動性の目安)
高温度の粘度 (100℃)
この数字ほうが小さいほど寒さに強い
この数字ほうが大きいほど熱さに強い
エンジンの始動性がよい
エンジン保護性能に優れている
エンジンの音が静かになる

、徳島市民憩いの山。コースもたくさんあり、道もしっかりしていて、

Castrol カストロールディーゼルエンジンオイルマグナテック ディーゼル 10W-40 CF 20L缶

、案内も親切。

楽しい山でした。

山歩一覧へ

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-49501