>  > カローラフィールダー(H18/11~H20/10)(ZRE142G/NZE141G/ZRE144G/NZE144G)アルティナシートカバー(ラグジュアリー)適合詳細要確認■代引不可
[ORC] オグラクラッチ レーシングコンセプト ORC-559-RC(ツイン) 標準圧着タイプ ダンパー無 フェアレディZ S130 L28 プッシュ式 ※北海道・九州は送料1080円(税込) 沖縄は送料1620円(税込)18インチ サマータイヤ セット【適応車種:インプレッサ(GH系 ハッチバック 16インチ装着車)】WEDS レオニス SK ブラックメタルコートミラーカット 7.0Jx18NANOエナジー 3プラス 215/40R18
 
10
26
28 29 30        
RSS1.0 | RSS2.0
セーヌ川下りの旅 その1 〜 パリからオ..セーヌ川下りの旅 その3 〜 古い修道院.. ブログトップ

カローラフィールダー(H18/11~H20/10)(ZRE142G/NZE141G/ZRE144G/NZE144G)アルティナシートカバー(ラグジュアリー)適合詳細要確認■代引不可 ヴェネルディ

 セーヌ川をパリからオンフルールへ向かう船が、イル=ドゥ=フランスを出てノルマンディ地方に入った頃、川岸の丘の上にガイヤール城が見えてきました。その町がレ・ザンドリ(Les Andelys)です。今回はこの町について紹介します。

 

 

 川下りは下記地図の青いピンから赤いピンまでの4泊5日の旅。錨のマークは停泊地。それぞれ印をクリックすると説明が出てきます。(川下りの船旅についてはシリーズその1をご覧下さい)

 今回のレ・ザンドリは紫の印のあるところ。

 

より大きな地図で セーヌ川下りの旅 を表示 

 

 城は12世紀末、イングランド王リチャード1世によって建てられました ミシュラン PILOT SPORT3 サマータイヤ 225/50R17 ENKEI PerformanceLine PF03 ホイールセット 4本 17 X 7 +50 5穴 100。

 

 当時のフランスの西半分は、イングランドとアイルランドを支配していたプランタジネット家の領地。そのため、フランスの王たちは、このノルマンディを手に入れ、パリから海までの道を確保したいと狙っていました。つまり、ここはイングランド対フランスの最前線だったのです。

 

 イングランド王でありノルマンディ公でもあったリチャード1世は、防衛のために見晴らしのいい崖の上にこの城を建てました。築城には1年かかったそうです。下記写真をクリックして番組をご覧下さい [ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L747D KING LABEL (PWHP) 22インチ×11.5J PCD:108 穴数:5 インセット:50。(フランスのTV局TF1で2011年6月10日に放送)

 

 

 イギリスとの歴史を物語るように、バグパイプの音色で番組が始まりました。

 

 城塞を見ると、壊れかけているとは言え石の固まりのように頑丈そうです。

 

 この城は謎に包まれている部分も多く、研究の余地が多々あるとか。また、夜な夜な亡霊がさまようなどという噂にも事欠きません T.S.Dスタイリング ハイエース 200系 4型 標準ボディ ワイドルックフロントバンパータイプ1&フロントグリルタイプ1【長納期商品】。

 

 城塞から少し降りたところ30カ所ほどに、中世の庭が再現されています 。昔は、栗の木の間を縫うように庭があったそうです。現在は香草や中世の植物が育てられています。

 

 また、ここではドミニクさんの操縦する6人乗りの小さなプレジャーボートLiberté Seine号で川岸を見物することができます。レ・ザンドリから出発してルーアン方向へ約30キロほどの間を、いつくかのコースに従って案内してくれます。所要時間はコースによって45分〜2時間45分、金額は65ユーロ〜150ユーロ(一人で乗っても6人で乗ってもこの金額)。美しい風景があってこそのレジャーですね。

 

 17世紀に活躍した画家ニコラ・プサン(Nicolas Poussin)はこの地方で生まれたそうです。

 

 さて、城の完成を見て「1歳になるわが娘よ、なんと美しいことか!」と言ったというリチャード1世は、1199年、肩に矢を受け、その時の傷で亡くなってしまいます 送料無料 185/70R14【2017~2018年製】ケンダ アイステックネオ KENDA ICETEC NEO KR36 新品 スタッドレスタイヤ ホイール4本セットブロンクス TB0314インチ 5.5J 4H100。獅子心王(ライオンハート)と呼ばれた王の心臓はルーアンの大聖堂に葬られているそうです。

 

 その後の城は、フランス王フィリップ2世のものとなりますが、百年戦争で一旦イングランド領となり、1449年にフランスが取り戻します。

 

 しかし今度は激しい宗教戦争へと巻き込まれて行きます。この戦争を収束させたとされる王アンリ4世が、城の取り壊しを了承し、その石は修道院を作るために使われました。

 

 1611年にこれを止めたのがリシュリュー枢機卿。さらに、1852年に国の文化財に指定され、現在の姿をとどめることになったそうです。

 

 

 

******** フランス人のつぶやき *******


「今日、イギリスに住んでいるのだが、車でちょっとした接触事故を起こしてしまった。相手の車から女性が降りて来ると言った。『あなた、フランス人?』『ええ、そうですが、どうして分かるんでしょう?』『ここでは車は左側通行なのよ』私はここで暮らしてもう7ヶ月になるというのに.....」

 

VDM (Vie de merde)より



{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-94236