>  > エクセディ/EXEDY クラッチディスク TYD139U ダイハツ/DAIHATSU デルタ
[siecle] シエクル MINICONα ミニコンα ハスラー MR41S R06A(ターボ) 15.12~

エクセディ/EXEDY クラッチディスク TYD139U ダイハツ/DAIHATSU デルタ

2013.05.31.Fri 長田年伸

先日行ったamuでの発表にご来場下さった皆様、ありがとうございました。今回は以前グラフィックデザイナーの永原康史さんに行った取材に題をとり、単行本から文庫本まで、さまざまな本文をサンプリングして、日本語組版のデザインのバリエーションについて発表をしました。

発表をしてみて思ったのは、「読みやすさを、まず日本語組版の問題から考えてみる」という問題を、どうやったら多くの人と話し合うことができるのか? ということです。これまでは論理を説明したり、あるいは個々の事例を紹介したりしてきたわけですが KYB カヤバ プレミオ/アリオン ZZT240 ショックアブソーバー フロント 左用 1本 ニュー SRスペシャル 単品 NEW SR SPECIAL NST5225ZL、そればかりでは埒が明かないのかもしれません。

そこで少しやり方を変えてみようと思います。組版のたのしさを知ってもらうために、論から入るのではなく、私自身の考える組版ロジックを実践して、その過程と結果を公開していく。そしてその結果を、私が見てほしい、検証してほしいと思う人に実際に見せ、そこでのやりとりも含めて報告していく。そんな方向にシフトチェンジしようと思います。

エクセディ/EXEDY クラッチディスク ランドクルーザープラド TYD139U ダイハツ/DAIHATSU シートカバー デルタ

とはいえ、実践に移る前に、私自身の現在の考えをお伝えする必要があります。そこでまずは、私の考える組版ロジックについて説明していきます。

「私の考える」と書きましたが、実際にはロールモデルというか、すでに提言されているロジックがあります。それは向井裕一さんの『日本語組版の考え方』(誠文堂新光社)です。この本には、正方形ベタ組みがいかなる考え方で成り立っているのか、またそれを実現するために何が必要なのかが、現実的な課題も含めじつに丁寧に記されています。

本書の要点は日本語の書式を分類して、組版の役割を明確にしていることです。特に組版に「属性」という概念を適応させ、日本語を組む際に考えるべきポイントを整理しているのが最大の特徴と言えます。

たとえば、組版はひとつひとつの「文字」、それが連なる「文字列」、文字列の集合から出来上がる「行」、あるひとまとまりの行が形成する「段落」によって構成されています。そのなかの文字について見てみると 【キャロル シートカバー】 HB36S H27/1- セレクション ベレッツァ/Bellezza (S695、本文に使用する「フォント」を選べば、その「文字集合」(どんな字形をもっているか)と「書体」を定めることになり、文字の属性が決まります。

少し難しいかもしれませんが、要するに日本語組版を構成している要素を細かく分析し 、各構成要素の役割を明確化することで、文字を組むことの目的と目標を打ち出しているのです。

組版の技術は読みやすい版面を実現するための技術でもあります。そこで向井さんは読みやすさを支える文字表記のあり方を考えます。日本語表記の場合、漢字・仮名・ローマ字・数字・補助記号などが入り交じり、濃度のばらつきがあることが文節を分ける効果を果たしていると考えることができます。つまり、その濃度差を識別しやすくすることが大切で ヴォクシー(AZR系/H17~H19) シートカバー Clazzio クラッツィオ [ クラッツィオプライム ] シートカバー 【プライムシリーズ/高級PVC/抗菌防臭/難燃加工】 アイボリー タンベージュ ライトグレー グレー ブラック 【RCP】02P09Jul16 【送料無料 ソリオ(MA36S)】 165/65R15 15インチ BRANDLE ブランドル M71 4.5J 4.50-15 DUNLOP ダンロップ エナセーブ EC204 サマータイヤ ホイール4本セット、そのためには均等な字送り=「ベタ組み」を維持することが重要になってくると仮定するのです[図1]。

図1を見て下さい。左が「ベタ組み」で、右が「プロポーショナルに」組んだものです。プロポーショナルというのは、文字固有の大きさに合わせて、文字間を調整するものです。これは欧文組版の考え方で、版面の濃度をできるだけ均一にすることを目指します。そうすると、たとえば句読点の後はスペースがなくなりますし、

エクセディ/EXEDY クラッチディスク TYD139U ダイハツ/DAIHATSU デルタ,[#tong##]

デルタ XZU301P XZU301P XZU306P XZU306P XZU322U XZU352U XZU362N XZU411N XZU412N automobile motorcar オートモービル モーターカー カー 車 自動車 車両 駆動 clutch disc クラッチ ディスク デスク 31250-37134 DAIHATSU ダイハツ工業 エクセディ エクゼディ エクセディー エクゼディー エグセディ エグゼディ エグセディー エグゼディー EXEDY えくせでぃ適合車種●デルタ XZU301P 2002年06月~ 4900cc  参考純正品番:31250-37134 Release Bearing パーツ No.:31230-36200 Pilot Bearing パーツNo.:90033-63032●デルタ XZU301P 2002年06月~ 4900cc LPガス 参考純正品番:31250-37134 Release Bearing パーツ No.:31230-36210 Pilot Bearing パーツNo.:90363-12018●デルタ XZU306P 2002年06月~ 4600cc  参考純正品番:31250-37134 Release Bearing パーツ No.:31230-36200 Pilot Bearing パーツNo.:90033-63032●デルタ XZU306P 2002年06月~ 4600cc LPガス 参考純正品番:31250-37134 Release Bearing パーツ No.:31230-36210 Pilot Bearing パーツNo.:90363-12018●デルタ XZU322U S05C 2002年06月~ 4600cc  参考純正品番:31250-37134 Release Bearing パーツ No.:31230-37030 Pilot Bearing パーツNo.:90033-63032●デルタ XZU352U S05C 2002年06月~ 4600cc  参考純正品番:31250-37134 Release Bearing パーツ No.:31230-36200 Pilot Bearing パーツNo.:90033-63032●デルタ XZU362N S05C 2002年06月~ 4600cc  参考純正品番:31250-37134 Release Bearing パーツ No.:31230-36200 Pilot Bearing パーツNo.:90033-63032●デルタ XZU411N S05D 2002年06月~ 4900cc  参考純正品番:31250-37134 Release Bearing パーツ No.:31230-36200 Pilot Bearing パーツNo.:90033-63032●デルタ XZU412N S05C 2002年06月~ 4900cc  参考純正品番:31250-37134 Release Bearing パーツ No.:31230-36200 Pilot Bearing パーツNo.:90033-63032入数:1個EXEDY(エクセディ)は純正品やモータースポーツなどで著名なクラッチメーカーです。当商品は純正クラッチとボルトオンで交換可能なノーマルタイプのクラッチディスクとなります。車検対応品ですので安心してご使用いただけコストパフォーマンスも良い商品です。クラッチ滑りでお悩みの方におすすめいたします。■サイズ外径:300 歯数:14 取付ピッチ:345商品の詳細な情報については、メーカーサイトでご確認ください。こちらの商品は適合確認が必ず必要です。カートに入れた後、注文フォームの備考欄に車輌情報をご入力ください。車輌情報がありませんと、再度車輌情報をお伺いする場合もあり発送にお時間がかかりますのでご協力の程宜しくお願いいたします。

、仮名の前後でも文字同士の距離が変わってきます。

ぱっと見だとあまり濃度差がわからないかもしれませんが、こうしてみるとより明確になると思います[図2]。

漢字と仮名で画数が違いますので、完全に均一なグレーにはなりませんが インフィニティQ45 マイナー前 HG50 G50 日産 nissan 車用 LED液晶モニター 9インチヘッドレストモニター 簡単操作 多重機能 1024×600 タッチ操作 WSVGA ブラック レザー&モケット 1年保証 送料無料【2個入り】、それでもプロポーショナルに組んだものの方が、まだ濃度差が少ないことがわかります。逆にベタ組みはところどころに大きなアキが発生しており、濃度差が保たれています。

私は現在の日本語書籍、とくに縦組みの本では、この「ベタ組み」を採用するのがいまのところは最善の選択だと考えています。次回更新は、もう少し「ベタ組み」を掘り下げるために日本語組版の歴史を紐解いてみる予定です。

>>About

「読みやすさ」という主観的(と思われがち)な概念を扱い、その正体と領域を明らかにしようとするプロジェクトです。唯一絶対の正しさを求めるのではなく、誰にでも開かれたものとしての「読みやすさ」を考えていきます。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-99825